黒澤 哲郎

黒澤 哲郎黒澤 哲郎  Tetsuo Kurosawa

1976年茨城県に生まれ。ギター製作家の父を持ち、幼い頃から工房の空気を吸い、同じギター製作家になることを夢見る。7歳の頃からピアノ、13歳からはギターを始め、多数のギタリストに出会い助言を受ける。 工芸高校アートクラフト科を卒業後、父・澄雄のもとに入門し、基本と名工の楽器を身をもって知ると同時に、アントニオ・デ・トーレス(Antonio de Torres)やサントス・エルナンデス(Santos Hernandez)等の音色に感銘をうける。 1997年スペインに渡り、マドリッドのテサーノス(Mariano Tezanos)、ペレス(Teodoro Perez)先生方の工房に入門。 未だ経験したことのない風土的背景を表現する製作、音づくりを目の当たりにし、以降、師から学んだ考え方から製作研究の基盤を組み替え直す。 翌年には、グラナダのアントニオ・マリーン(Antonio Marin)先生の工房で塗装を学ぶ。 それらすべての経験を現在の楽器製作に注ぎ込み、日々研鑽につとめる。

沖仁モデル

世界が認めたフラメンコギタリスト沖仁氏監修のもと共同開発。彼が求める楽器を、お互いの感性で追求し続ける現在進行形のモデル。

フラメンコギタリスト 沖仁

レイズドフィンガーボード、ラティス構造といった最新仕様によって、BlancaとNegraは新しい楽器に生まれ変わった。2本のモデルを弾き比べして気付いたのは、それぞれに決して優劣をつけられるものではなく、むしろ表裏一体なのだということ。乾いて切れ味の良いBlancaと、潤いとふくよかさを備えたNegra。互いに違う要素を補い合い、決してぶつかることがなく、2本が揃って完全体になる。
音楽を奏でるために生まれた黒澤・沖仁モデルのBlancaとNegraは、今僕らを新しい地平に連れて行ってくれる。 フラメンコギタリスト 沖仁


オリジナルモデル

オリジナルモデルスペインから様々なインスピレーションを受け、デザインや設計を構築。伝統的なスペイン式の製作法を重んじ組み上げるオリジナルモデルは、各モデルによって表情、スタイル、塗装などが異なり、細部にわたり黒澤のこだわりが感じられる。新しい試みも積極的に取り入れ、頑固な職人気質の一方、対比するその柔軟性が、温かみのある至高の逸品を生みだしている。


マヌエルラミレスモデル

1912年に製作された巨匠マヌエル・ラミレスを研究、ベースにし、銘器の持っている安定した太い音色、しっかりとした美しい高音を追求したモデル。オリジナルのデザインに近づけたスペインギター史を漂わせる風貌は、マドリッド派を代表する巨匠達の面影を感じさせる。しかしながら随所に黒澤テイストが感じられ、このモデルでしか出し得ない音色に仕上がっている。

Menu